トリビア・ライフ - 天狼記

世の中の至る所にあるトリビア(主にPC上での物創りトリビア、生活トリビア)を発見する生活日記

カレンダー

ブログ内タグ検索

カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Windows7 64bit版の普及率!?移行時!?

Windows7 Ultimate 64bit版を家のPCに入れてしらばく使用してみましたが、一度Windows7にしてしまうともうXPには戻れないくらい使い心地がよく感じています。米Microsoftは7月8日(現地時間)、2010年6月現在PCにインストールされている「Windows 7」の46%が64ビット版であると公式ブログで発表していることからもかなりの人が64bit版に移行したんですね。⇒ランキング
Windows7 64bitの普及は!?


は、Microsoft発表のデータです。Windows Vistaでは11%だった64bitもWindows7で46%になっています。PCも数年前に比べて高性能になりメモリを一杯つめるようになり64bitの価値が一般に普及してきたのですね。



ちなみに32bitと64bitの一番大きな違いは使用できるメモリ(RAM)の容量の違いでしょう。32bitでは、2の32乗(約4GB)でOSの制約で実質約3GBまでしか使用できなかったのですが、64bitでは2の64乗までのメモリ(RAM)が使用できるようになり、これだけで全体的なパフォーマンスがかなり向上します。
最近のマザーボードでは4GBのメモリの6枚差しで合計24GBのRAMが使用できるものもあり時代の進化を感じました♪

Windows7 64bitの移行体験


64bit版では、「Program Files」と「Program Files (x86)」という2種類のプログラムをインストールするフォルダがあります。「Program Files」はx64すなわち64bit版のプログラムをインストールするフォルダで「Program Files (x86)」は、x86すなわち32bit版のプログラムをインストールするフォルダです。

64bit版の移行でまずすることは今まで使用していたアプリケーションの64bit版がないかということを一度調べなおす必要があることです。64bit版があるプログラムがなく、32bit版の今まで使用していたプログラムがそのまま使用することができる場合もありますが、インストール時にインストールできなかったり起動してみたら使用できなかったりと実際に動くかどうかやってみないとわからないので、全部試してみないとわからないので少し大変です。

それでも動かないプログラムでどうしても32bit版が使用したい場合もあると思います。その場合はMicrosoftの公式ページからXPモードというVirtual machineをインストールするとXPで使用していたプログラムも使用できます。

こんな感じで、Windows7で64bit版に移行する人が段々多くなってきて64bitのアプリケーションが今後普及していけば嬉しいなぁっと思う今日この頃です。

皆さんも一回頑張って64bit版に移行してみるとよいかもしれません。

が私が使用しているWindows 7 Ultimate 64bit版です。いくつかのVersionがありますがUltimateが最上位版です。



コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。